浮気のチェック項目で夫婦の浮気を調べてみよう。

夫婦が浮気をしていないかチェックしてみよう
浮気をしても何もいいことなんてありません。浮気をする人は、浮気がバレてしまったとき、大きな代償を払います。しかし、浮気という快楽に嵌ってしまった人は、浮気に酔ってしまって、その支払う代償の大きさに、気がついていません。
夫婦が浮気をしているかどうか調べるとき、夫婦の行動や日常生活の態度から、浮気の影をみつけます。小さな浮気の兆候を見つけるためには、どんな場所に浮気に証拠が隠されているのかを知って置く必要があります。
この浮気の証拠が隠されている場所を特定するためにも、浮気のチェック項目を知り、浮気をしていないか確かめることが大事です。
このサイトでは。浮気のチェック項目から、夫婦が浮気をしていないか調べることが出来ます。
チェック項目には、夫婦が浮気をしていたとき、態度がどのように変化したのか、また、仕事や趣味に関することなど、浮気とは直接関係の無いような項目もありますが、これらをひとつとして見ると、そうかもしれませんが、複数のチェック項目を合わせてみると、浮気のをしていることの裏付けがとれます。
浮気のチェックで夫婦の浮気を見破りましょう。
リスクの観点から浮気は絶対にやめましょう
今現在浮気をしていたり、しそうな状況になっているそこのあなた!即刻浮気はやめましょう。
浮気はそもそもやっていはいけない行為なのですが、今回は浮気をすることによって負うことになるリスクについてまとめてみようと思います。

リスク1 慰謝料が発生する
あなた自身が浮気(不貞行為)をしてしまった場合、配偶者からは慰謝料を請求されてしまいます。金額は裁判の結果によりますが、相場としては50~300万円であるといわれています。また、浮気をした相手も結婚をしていた場合には、相手の配偶者からも慰謝料が請求されてしまします。

リスク2 大きな恨みを買ってしまう
配偶者から恨まれるのは当然ですが、恨みを向けてくる相手は配偶者だけとは限りません。配偶者を大事に育ててきた配偶者の親類や自分の子供からも恨みを買ってしまう恐れがあります。
今後生きずらい人生を送ることになってしまいますので、絶対に浮気はやめましょう。

リスク3 社会的な信用を失う
人はうわさ好きな生きものです。浮気の話題はうわさの格好のエサになってしまいます。
隠していたつもりでも、いつの間にか会社にも話が広まってしまうことも多くあるのです。
そして下手をすると会社を辞める必要もでてきます。

いかがでしたでしょうか?
浮気はそもそもダメですが、とても危険なリスクもはらみますので、絶対にやめておきましょう。
浮気を見破るコツとしてはパートナーの会話をチェック
浮気を見破るためにはパートナーが発するいろいろなヒントを活用していくのが1番です。
その代表的なものが会話になりますが、配偶者や恋人が発する普段の会話を注意深く聞いてみると、あれ?って思うことがあると思うのです。
それは何か?というと、パートナーの会話の中身がより詳しくなったという点です。
そういった状況が見られた場合には、浮気を疑うきっかけになるかもしれません。
会話の中身が詳しくなるというのは、例えば残業で帰りが遅くなるということを説明するときに、今までは残業があるから帰りが遅くなると言ってくるだけだったのが、残業になってしまった原因とか、誰と一緒に残業をしているとか、そういう細かい情報まで入れてくることです。
それは浮気をしているけど、それを疑われないように、浮気をしていないということを伝えるような情報を入れてくるわけです。
残業と聞いただけでは通常は浮気は疑いませんけど、浮気をしている本人にとってみれば、少しでも疑われない状況を作りたいという思いがあるため、ただの残業ですらも、本当に残業をしているのであって決して浮気なん
かではないというアピールが無意識に出てしまうのではないでしょうか?
こういうところをチェックしていくと、パートナーの浮気を発見できるかもしれません。
夫の浮気が原因で離婚を考える場合
結婚生活を脅かす原因の一つとなる「浮気」ですが、既婚の男性が浮気をしやすくなる時期があるのをご存知ですか。それは、夫婦の子どもが1歳から2歳になる頃なのです。
1、2歳の子どもは一番手がかかり、妻は子どもと家事に集中しがちで夫まで手が回らないことも多くなる時期です。育児中の女性は生活のリズムも崩れ、夫と違う時間に寝るようになったり、食事も一緒に摂るのが難しくなります。
慣れない育児だと、夫婦喧嘩も増えるでしょう。そのようななかで、家庭での疎外感や苛立ちを抱えると、男性は浮気にはしりやすくなるといわれています。
ここで、もし浮気が発覚し、離婚を考えたとしたら、そのためには証拠集めが必要です。不倫の証拠として最も有効なものは、写真やレコーダーによる不貞があったことがうかがえるような記録です。
例えば、夫婦間の会話の中で夫が不貞行為を認める発言の録音物や、ラブホテルに入り夫と相手女性が一緒に出てきた時の写真等が、有効な証拠材料となります。
そしてそれを証拠として提出すれば、200から300万円の慰謝料を請求することが出来るといわれています(不倫が原因で離婚する場合)。もちろん夫婦のこれまでの関係や婚姻期間等シチュエーションによって金額は様々ですが、浮気の証拠が確実である程、慰謝料を請求し易くなります。
浮気に関連する記事
一度浮気をすると繰り返すものです
浮気は浮気症という病気のようなもので、一度浮気をすると、また同じことを繰り返しやすいことのようです。

続きを読む...

Copyright (C) 夫婦が浮気をしているかどうかを調べるチェック項目 All Rights Reserved.